LED電球の明るさにはワット相当という基準がある

LED電球を買うときは、明るさをしっかりとチェックしなければいけません。いろいろな明るさの種類があるので間違ったものを選ぶと、現在使っている普通の電球よりも暗くなってしまう可能性があります。LED電球のパッケージには、40ワット相当や60ワット相当などの文字が書かれているはずなので、そちらを参考にして自宅に合ったものを購入しましょう。このワット相当というものは、普通の電球に置き換えた場合、何ワットの明るさになるのか示したものです。従って、現在使っている普通の電球のワット数に満足しているなら、同じ数値のワット相当のものを購入すれば満足できる可能性が高いです。現在使っているもののワット数は電球にしっかりと記載されているので、すぐに調べられるでしょう。

照明の数を増やすことも考えよう

LED電球は広い範囲を照らすのは不得意だと言われています。そのため、交換をすると今まで普通の電球でカバーできていた範囲まで明かりが届かない可能性があります。そのような事態を避けたいときは、照明の数を増やすことを考えてみましょう。別途、間接照明などを取り付ければ、部屋の隅々まで明かりが届きます。LED電球なら二つ使ったとしても、普通のものよりも電気代を安くすることが可能です。

また、LED電球を複数取り付けることでも、照らせる範囲を拡大できます。取り付けられるLED電球の数を増やせる、二股ソケットや三股ソケットなどが売られているため、別途照明を買いたくないなら活用を考えてみましょう。

LEDライトパネルは、LEDを利用しているため、明るくて環境に優しく、電気代も蛍光灯の10分の1で済むので、経済的です。