CADについての理解を深める

建物や工業製品の設計には、必ずと言っていいほど製図作業が行われ、設計図が作られます。以前は手書きで行われてきた製図ですが、今では多くの場面でCADを使って行われるようになりました。CADとは「Computer Aided Design」の頭文字をとった言葉で、コンピュータによる設計支援を意味し、「キャド」と発音します。CADが発明されたのは1960年代ですが、その頃を境に多様な工業製品が作られるようになりました。一口にCADといっても、用途などによって種類が分かれています。まず、平面図や立面図を制作する2次元CADに加え、立体の製図を行える3次元CADがあります。また、最近では分野を問わずに使用できる汎用CADに加え、建築や配管、電気工事など業務に特化した専用CADも登場しています。

CADを導入するメリットと導入前に考えておくべきこと

CADが幅広く普及した背景には、製図作業を効率化できるメリットが関係しています。例えば、修正が必要な場合でも線の追加や削除が簡単にでき、計算ミスをして寸法を間違えるといったヒューマンエラーを避けられます。また、図面をデータで管理できるので、郵送する手間や時間を必要とせずに関係者とデータを共有できます。さらに、手書きの製図を習得するのには時間もコストもかかりますが、CADの習得は比較的短時間にできます。

CADは、設計現場では有用な道具ですが、導入コストが大きいため、慎重に検討して導入します。まず、導入する目的を抑え、目指していることを明確にしておきます。CADは多機能というよりも、業務に適しているものや現場で必要とされるものを導入することが大切です。

CADとはパソコンで設計や製図ができる設計支援ツールのことです。電気CADは電気設備の設計製図に特化したCADです。